髭は脱毛クリームでも脱毛することができる?髭脱毛と脱毛クリームについて解説!

「朝剃っても夕方には生えてくる」「青髭が気になる」そういった悩みから髭を脱毛したいと感じる方は多いようです。しかしながら「髭を脱毛するにはどうすればいいのだろう」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、髭脱毛についての簡単な解説や脱毛クリーム等を使った脱毛方法などについて解説していきます。

関連:髭脱毛のトラブルを防ぐ!保湿などアフターケアが重要!


髭の脱毛についての基礎知識

髭を脱毛する方法には、大きく分けて3つの方法があります。それが『光脱毛(フラッシュ脱毛)』『医療レーザー脱毛』『電気脱毛(ニードル脱毛)』です。脱毛をする際は、これらの方法の中から自分に合ったものを選ぶのが一般的です。

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。光脱毛(フラッシュ脱毛)は、毛根に対してカメラのフラッシュのような光を当てて、毛根にあるメラニンに作用させることで少しずつ毛の量を減らしていく脱毛方法です。施術時間が短時間であったり、価格が安いことが多いため比較的手軽に施術を受けることができます。

またエステサロンで行われる脱毛方法は、基本的に光脱毛であることが多いです。医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも強い出力のレーザーで毛根を破壊する脱毛方法です。肌にある黒い色素(メラニン色素)に対して反応する波長のレーザーが用いられ、医療機関で行われます。

ニードル脱毛(電気脱毛)は、高周波の電気が流れている針を毛穴に刺して毛根と毛乳頭を破壊することで、脱毛する方法です。光脱毛やレーザー脱毛は、施術から期間が立つとまた毛が生えてくるので、何度か脱毛し直す必要があります。

しかしニードル脱毛は、毛根と毛乳頭を破壊してしまうので基本的には二度と毛が生えてきません。そのためニードル脱毛は「唯一の永久脱毛」と言われることもあるのです。

関連:髭脱毛はどこで受けるのがいい?施術3回目の効果と施術を受けるときのコツを紹介!

脱毛・除毛・抑毛という言葉の定義

「脱毛クリームで髭を脱毛するという記事タイトルなのに、前項に脱毛クリームの話が無いのはなぜか?」と疑問に感じた方もいると思います。その部分を説明するために、脱毛・除毛・抑毛という言葉の定義を一度整理しておきます。

まず脱毛とは、毛を毛穴から抜くことです。前項で上げた3つの脱毛方法は、すべて毛穴そのものに対してアプローチしています。次に除毛とは、毛穴そのものではなく、肌に露出した毛を処理することを言います。カミソリや電気シェイバー、除毛クリームなどを使って行う方法です。

抑毛とは、毛の発育を抑えて、毛を生えにくくすることです。抑毛クリームを用いて行うものですが、これは後ほど詳しく説明します。そして実は『脱毛クリーム』というものはないのです。世の中に出回っている『脱毛クリーム』と呼ばれるものは、肌の表面に出た毛に対してアプローチする『除毛クリーム』のことを指しています。

そういう訳もあり、前項の脱毛方法の中に『脱毛クリームの使用』は入れませんでした。

髭に『除毛クリーム』を使用することはできない

除毛クリームとは、『チオグリコール酸カルシウム』という毛のタンパク質を溶かす成分が含まれており、これが肌に浸透することで毛を溶かすものです。ただ非常に効果が強く、ボディには使えますが、ほとんどのものが顔には使用できません。

顔は他の部位と比べて皮膚も薄く繊細なため、顔に除毛クリームを使ってしまうと、肌荒れやかぶれ、色素沈着を起こしてしまう危険性があります。間違っても顔に除毛クリームは使わないように注意してください。またボディに使う際も除毛クリームは効果が強力なので、用法用量を読んで正しく使うようにしましょう。

『抑毛クリーム』を使えば髭の発育を抑えることができる

「顔に除毛クリームが使えないなら、セルフでできることはほとんどないの?」と思った方もいるでしょう。そこで有効なのが『抑毛クリーム』です。抑毛クリームとは、毛が生えるのを抑える効果がある成分が含まれた製品のことで、抑毛ローションと呼ばれることもあります。

成分としては、女性ホルモンに似た構造を持つといわれる「大豆イソフラボン」、パイナップル成分と呼ばれる「ブロメライン酵素」、パパイヤに含まれる「パパイン酵素」などの抑毛効果のあるものが含まれています。使用してすぐに効果が出るわけでなく、2~3カ月ほど使用することで効果を発揮するのが特徴です。

また除毛クリームに比べ肌に優しい成分が使われているので、スキンケア効果もあります。もちろん顔にも使うことができるので、髭が生えるのを抑制するために使用することもできるのです。また、抑毛クリームは抑毛することが目的のものなので、脱毛効果はありません。

抑毛クリームの選び方

抑毛クリームを選ぶ時には、抑毛効果に合わせて保湿成分や美肌成分が含まれているものを選ぶのがよいでしょう。肌が弱い人であれば、製品の概要に低刺激性または敏感肌用と書かれているものを選ぶのがお勧めです。また製品によっては香りに拘って作られているものもあるので、香りの好みで選んでみるのもいいかもしれませんね。

また抑毛クリームは効果を発揮するまで時間を要するので、長期間持続して購入できる値段のものを選ぶのもポイントになります。

抑毛クリームの使用方法

抑毛クリームを使用する上でのポイントは、「1日の内、朝晩2回塗ること」と「肌を清潔にしてから塗ること」です。毎日2回ずつ塗ることで皮膚に抑毛成分がしっかりと浸透して、効果をより発揮できるようになります。

さらに洗顔したり髭剃りした後に使うことでより浸透しやすくすることができるのです。また保湿成分や美肌成分が含まれているものは、髭剃り後のスキンケアの役割を果たすので一石二鳥と言えるでしょう。

抑毛クリームの購入方法

抑毛クリームは、ドラッグストアやネット通販サイトなどで購入できます。ドラッグストアに行く場合であれば美容担当スタッフに相談して自分にあったものを探せますし、ネット通販であれば複数の商品や口コミを比べながら選ぶことができます。

自分に合った購入方法で探してみるといいでしょう。


家で作れる!抑毛クリームの作り方レシピ

実は、抑毛クリームは材料があれば自宅でも簡単に作れるのです。ここでは自宅で抑毛クリームを作るためのレシピを紹介します。用意するのは、豆乳250ml・レモン1つ・消毒用エタノール大さじ5杯分・コーヒーフィルター又はキッチンペーパーやタオル・空のボトル、等のものです。

豆乳250mlを鍋に入れ、膜が張ることや焦げ付きに注意しながら弱火で温めてかき混ぜます。60度くらいまで温まったら、レモンを1つを絞り、豆乳にレモンの果汁を入れましょう。豆乳の塊ができたら消毒用エタノールを大さじ5杯加えます。

ここまでの工程が終了したら、コーヒーフィルター(またはキッチンペーパーやタオル)を使用して作成した液体を濾していきます。濾した液体が冷めたら、あらかじめ用意しておいた空のボトルに移し替えて完了です。一応食品を使って作っているので、使用可能期限はおおよそ1ヵ月程度になります。

髭の脱毛するなら医療機関かクリニックへ行きましょう

今回ご紹介した通り、顔は繊細なパーツであるため、髭の脱毛をする際は医療機関やエステサロンなどのプロにやってもらうことをおすすめします。ただ、髭の脱毛ではなく抑毛するだけであれば、抑毛クリームを市販で買ったり自分で作ったりして、自宅で取り組んでみるのがオススメです。

プロの施術や除毛クリームに比べて効果を実感するには時間はかかりますが、肌には優しいものが多いので気になる方は導入してみるといいでしょう。